慶事用切手のマナーとトレンド
 
シートでもバラでも切手を高価買取してくれる福ちゃん
慶事用切手のマナーとトレンド 慶事用の切手は、結婚式の招待状を出す時に使用するものです。郵便局で手に入るものは、52円、82円、92円の3種類が用意されています。いずれも金色の扇がメインのデザインとなっており、扇の柄が52円では梅、82円が竹、92円は松だというところが違いになります。この内、92円のものは招待状を入れた定型内郵便物が25gを超えて50g以内の重さになった時に使うものです。通常、定型内郵便物が82円で送れる重さを超えた時には、追加で10円の切手を貼り付けることが多いと思いますが、結婚式の招待状に切手を2枚貼ることは、別れることを想像させて縁起が悪いのでタブーとなっています。そのため、招待状を送る時にはあらかじめ郵便物の重さに気をつけておき、重くなるようなら92円の慶事用切手を用意して1枚だけ貼った状態で送るのがマナーです。また、招待状を郵送する時に会社の上司などの目上の方には正式な慶事用切手を使うのが失礼にならないベストな方法だと思います。しかし、近年では、友人などの親しい間柄の人たちには、花などの綺麗なデザインの記念切手を使用したり、風景印と呼ばれる特別な消印を押してもらって送付するのも流行のやり方となっているようです。
2014年4月の郵便料金値上げで切手も変りました
切手は現金化する事ができます
保存方法で変わる切手の価値や売る価格
結婚式記念切手なんかもありますなんかもあります
切手で見せる郵送の演出の仕方
お祝いごとに使うための、特別な切手